« 2010年10月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.02.16

iPhone用FMトランスミッタ GH-FTC-IPOD2TK

風呂にラジオを持ち込むようになって数年経つ。そもそものきっかけは当時契約していた新聞の更新の景品でもらった防水ラジオだった。入浴中にラジオを聴くという新習慣が新鮮で、且つラジオというものを聴くのが久しぶりでもあり、なかなか楽しい入浴タイムを過ごすようになった。

しかしその防水ラジオは半年ぐらいで調子が悪くなり、さてどうしようかと思って検索。どうせ買うならとなかなか評判のよかったソニーの防水ラジオ ICF-S70SPLを購入。評判通り、感度良好で電池の保ちもよく、QoB(Quality of Bathtime)がグンあがり。前のラジオがいかにしょぼかったかを思い知らされた。

で、何を聴いていたかというと、入浴はだいたい夜の2300~2500の間なので、NHKのラジオ深夜便。しかし内容的に聴いていられる時もあれば聴いていられない時もある。う~ん、これはセルフアニソン三昧した方がいいのかもなあ、それならウォークマン+FMトランスミッタで風呂ラジオに送信すればいいんじゃないかとまた検索。問題はたいていのFMトランスミッタが、電源を自動車のシガーライターソケットから取るのを前提にしていること。風呂場の隣の脱衣所に置いて使うのだから、まあ電源は家庭用ACコンセントからシガーライターソケットに変換する何かを挟んで使えばいいのかもしれないが、どうにも無駄&大げさな感じで気がすすまない。さらに検索するとiPhone専用のFMトランスミッタに辿り着いた。iPhone用かー、iPhoneは音楽プレーヤとしては全く使っていないし、ステレオミニジャックで入力できるタイプの方が絶対いいよなあー、あ、でもiPhone専用ならトランスミッタの電源はiPhoneから供給されるのか、それはちょっといいなー、うーんうーん。なんだこれえらい安いな大丈夫か?ポチり。購入。

それなりにちゃっちい作り、例えばiPhone接続時にコネクタがしっかりとホールドされない(カチっといわない)てなことはあるけど、目的だった風呂ラジオにFM電波を飛ばす機能はかなり良好。チャンネルも76.0~90.0MHzの範囲、0.1MHz単位で設定できるし。さっそくiPhoneにアニソンを300曲を放りこんで入浴。いつもは30分そこそこの入浴時間がいきなり60分オーバー。上記ラジオは60分経過で自動電源OFFされる仕様なのを初めて知ったという…。

しょぼカレ


無料ブログはココログ